今週(2月23日)の重賞結果<クイーンC、京都記念>

<クイーンカップ・GⅢ>
2月23日第1回東京競馬クイーンC(3歳牝、GIII・芝1600m)は、武幸四郎騎手騎乗のリトルアマポーラ(牝3、栗東・長浜博之厩舎1番人気)が、直線鋭い差脚でライムキャンディ(8番人気)に1.1/4馬身差つけて優勝。走破タイムは1分35秒5(良)。さらにクビ差の3着にラルケット(4番人気)が入った。
リトルアマポーラは、父アグネスタキオン、母リトルハーモニー(その父コマンダーインチーフ)。祖母が89年阪神牝馬特別(GIII)など重賞2勝のルイジアナピット。通算成績4戦3勝(重賞1勝)。
この勝利で一躍桜花賞候補に名乗りをあげた。鞍上の武幸四郎騎手は重賞勝利通算25勝目。

<京都記念・GⅡ>
同日第2回京都競馬、京都記念(4歳上、GII・芝2200m)は、安藤勝己騎手騎乗のアドマイヤオーラ(牡4、栗東・松田博資厩舎1番人気)が、後方から直線追い込んで、アドマイヤフジ(4番人気)に1.1/4馬身差をつけ優勝。走破タイムは2分13秒6(良)。3着にはハナ差でシルクフェイマス(11番人気)が入った。
3番人気ドリームパスポートは4着。2番人気ウオッカは6着に敗れた。
アドマイヤオーラは、父アグネスタキオン、母は阪神3歳牝馬S(GI)の勝ち馬ビワハイジ(父Caerleon)の血統。半兄にアドマイヤジャパン(京成杯勝ち)がいる。通算成績9戦4勝(重賞3勝)。
安藤勝己騎手は、2週連続のJRA重賞制覇で通算58勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/29