フェブラリーSプレレーティング発表

今週末2月24日に施行されるフェブラリーS(G1ダート1600m)のプレレーティングがJRAから発表されました。トップレートはヴァーミリアンでI・118。続いて川崎記念(交流G1)勝ち馬フィールドルージュのI・115、同レーティングでブルーコンコルド、ダイワスカーレットが名を連ねています。
なお、登録のあったダイワスカーレット(牝4、栗東・松田国英厩舎)は、同レースを回避することになりました。これは17日の坂路での調教中に、跳ね上がったウッドチップで右目を負傷、創傷性角膜炎と診断されたものです。これにより、予定されていたドバイへの遠征も断念することになりました。

※レーティングに付随するアルファベット(S・M・I・L・E)は、そのレーティングを獲得したレースの競走距離を示すもので、区分は以下のとおりです。
S【Sprint】 1,000m~1,300m [1,000m~1,599m(USA)]
M【Mile】 1,301m~1,899m [1,600m~1,899m(USA)]
I 【Intermediate】 1,900m~2,100m
L【Long】 2,101m~2,700m
E【Extended】 2,701m~

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/25