TCK大井競馬に坂路調教施設誕生へ!

TCK大井競馬の調教施設、小林分厩舎(千葉県印西市)に新調教コースが誕生する。

新調教コースは、「強い馬」づくりを目指し、調教環境の改善強化を図るため、新素材による全天候型馬場を用いた坂路を予定されている。坂路馬場は、JRAや民間調教施設に導入され、競走馬に対し脚部の負担軽減、体力増強、走法の向上等、大きな調教効果を上げており、現在では「強い馬」づくりに有効な施設と考えられている。また、全天候型馬場は、世界各国の競馬場が導入し、導入施設において故障馬が減少していること、維持管理が容易であること等、評価が高いことから、競馬場への導入も視野に入れ、採用することとなった。
なお、同施設は南関東全体のレベルアップに資するため、浦和・船橋・川崎競馬場所属馬の利用も可能になっている。

<場所>
小林分厩舎(千葉県印西市小林2886)

<新調教コース概要(予定)>
コース全長約1,100m
(内訳)
進入路約300m
坂路部分約400m(勾配3.0%)
かえり通路(逍遥馬道)約400m

<完成(予定)>
平成21年秋頃

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/30