内田博幸騎手、JRA騎手試験合格!

14日、JRAから平成20年度の新規調教師・騎手免許試験合格者が発表されました。

新規騎手は、地方3145勝、JRA132勝をあげている大井・内田博幸騎手(37)、「鷹野宏史」として地方2190勝を挙げている高知・片山宏史騎手(43)の2人と、競馬学校騎手過程卒業生3名を加えた計5名が合格。
新規調教師は、重賞4勝を含むJRA通算302勝を挙げている須貝尚介騎手(41)、重賞2勝を含むJRA218勝を挙げている村山明・元騎手(36、07年引退)など7名が合格した。合格者は下記の通り。

左から氏名、年齢、所属、種類
◆新規騎手免許試験合格者(計5名)
伊藤工真(いとう たくま)平地・障害
内田博幸(うちだ ひろゆき)平地
大江原圭(おおえはら けい)平地・障害
片山宏史(かたやま ひろふみ)平地
三浦皇成(みうら こうせい)平地・障害

※片山宏史は、高知競馬組合において、鷹野宏史として騎乗していた者と同一人物。

左から氏名、年齢、所属
◆新規調教師免許試験合格者(計7名)
大竹正博(おおたけ まさひろ)
尾關知人(おぜき ともひと)
笹田和秀(ささだ かずひで)
須貝尚介(すがい なおすけ)
牧光二(まき こうじ)
村山明(むらやま あきら)
矢野英一(やの えいいち)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/22