重賞結果(3月15日阪神スプリングJ/ファルコンS)

<阪神スプリングジャンプ・GⅡ>
3月15日、阪神スプリングJ(障害4歳上、JGII・芝3900m、)は、エイシンニーザン(牡6、栗東・坂口正則厩舎1番人気)が、道中好位から向正面で先頭に立ち、直線脚色衰えず押し切りコウエイトライ(2番人気)に5馬身差をつけて完勝した。勝ちタイムは4分22秒5(良)。3着にはエイシンペキン(5番人気)が入った。
エイシンニーザンは、父フォーティナイナー、母エイシンサンサン(母の父キャロルハウス)という血統。
今レースで3連勝での重賞初制覇となった。通算成績35戦7勝(うち障害3戦3勝、重賞1勝)。
西谷誠騎手はJRA重賞通算8勝目。坂口正則調教師はJRA重賞通算16勝目となった。


<ファルコンステークス・GⅢ>
同日、中京競馬場で行われたファルコンS(3歳、GIII・芝1200m)は、ダノンゴーゴー(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎1番人気)が、直線で後方から一気に追い込み、マルブツイースター(2番人気)を交わして快勝。勝ちタイムは1分09秒0(良)。3着にはルルパンブルー(6番人気)が入った。
ダノンゴーゴーは、父Aldebaran、母Potrinner(母の父Potrillazo)という血統の米国産馬。
母のPotrinnerはアルゼンチンの1000ギニー勝ち馬で、半姉に05年アメリカンオークス(米G1)でシーザリオの2着Melhor Ainda(父Pulpit)、従姉にディアデラノビアがいる。本馬は、キーンランド2歳トレーニングセールにて40万ドル(約4800万円)で落札されている。通算成績6戦3勝(重賞1勝)。
武豊騎手はJRA重賞通算253勝目。橋口弘次郎調教師はJRA重賞通算では66勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/41