重賞結果(3月1日・アーリントンカップGIII)

3月1日、第1回阪神競馬1日目アーリントンC(3歳、GIII・芝1600m)は、道中大逃げをうった藤田伸二騎手騎乗のダンツキッスイ(牡3、栗東・橋本寿正厩舎5番人気)が、ゴールまで粘り抜いてエーシンフォワード(9番人気)に1.3/4馬身差をつけて優勝。勝ちタイムは1分34秒6(良)。3着にはディープスカイ(10番人気)が入線。圧倒的1番人気のポルトフィーノは、道中かかり気味に追走し直線で伸びを欠いて8着に敗れた。

ダンツキッスイは、父シンボリクリスエス、母サンフラワーガール(その父タイキシャトル)という血統。今回が重賞初制覇。通算成績7戦3勝(重賞1勝)。
鞍上の藤田伸二騎手は、今年のJRA重賞2勝目で通算75勝目。橋本寿正調教師は、阪神スプリングJ(JGII)以来のJRA重賞制覇で通算では5勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/34