重賞結果(3月8日オーシャンS/チューリップ賞)

<オーシャンステークス>
3月8日、中山競馬場で行われたオーシャンS(4歳上、GIII・芝1200m)は、吉田隼人騎手騎乗のプレミアムボックス(牡5、美浦・上原博之厩舎7番人気)が、中位から差し切って優勝した。勝ちタイムは1分08秒9(良)。2着にはエムオーウイナー(12番人気)が逃げ粘り、さらに3着にはナカヤマパラダイス(6番人気)が入った。3連単は152万1320円の大波乱となった。
プレミアムボックスは、父アドマイヤベガ、母チャッターボックス(母の父ターゴワイス)という血統。通算成績14戦6勝(重賞1勝)。鞍上の吉田隼人騎手はJRA重賞通算3勝目。管理する上原博之調教師はJRA重賞通算16勝目となった。

<チューリップ賞>
3月8日、阪神競馬場で行われたチューリップ賞(3歳牝、GIII・芝1600m)は、藤岡佑介騎手騎乗のエアパスカル(牝3、栗東・池江泰寿厩舎5番人気)がハナ差で逃げ切って、昨年の最優秀2歳牝馬トールポピー(1番人気)を抑えて優勝した。勝ちタイムは1分35秒8(良)。さらにハナ差の3着にオディール(3番人気)が入った。なお、上位3頭には、4月13日に阪神競馬場で行われる桜花賞(GI)への優先出走権を獲得した。
エアパスカルは、父ウォーエンブレム、母ラフィカ(母の父サンデーサイレンス)という血統。2005年セレクトセール当歳で2900万円(税抜)で落札されていた。通算成績6戦2勝(重賞1勝)。
藤岡佑介騎手はJRA重賞通算9勝目。池江泰寿調教師はJRA重賞通算4勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/39