桜花賞はレジネッタ!小牧騎手GⅠ初制覇!!

4月13日阪神競馬場で行われた桜花賞(3歳牝、GI・芝1600m)は、小牧太騎手騎乗のレジネッタ(牝3、栗東・浅見秀一厩舎12番人気)が、道中は中団の好位を追走、直線では馬場の中央から堂々抜け出して快勝。2着には15番人気エフティマイアが入線。勝ちタイムは1分34秒4(良)。3着にはソーマジック(5番人気)が入った。単勝オッズは43.4倍、3連単は700万2920円の大波乱となった。なお、2番人気リトルアマポーラは5着、1番人気トールポピーは8着、3番人気オディールは12着に敗れた。

レジネッタは、父フレンチデピュティ、母がアスペンリーフ(母の父サンデーサイレンス)という血統。前走のフィリーズレビュー(GII)で3着を確保し優先出走権を得て、本番に臨んでいた。通算成績7戦3勝(重賞1勝)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/45