絶好調GI騎手を背にワンダースピード快勝!

<アンタレスステークス・GⅢ>

4月27日京都競馬場で行われたアンタレスS(4歳上、GIII・ダート1800m)は、小牧太騎手騎乗ワンダースピード(牡6、栗東・羽月友彦厩舎7番人気)が、先行集団追走から直線で抜け出し、ドラゴンファイヤー(8番人気)を抑えて優勝。勝ちタイムは1分50秒5(良)。3着にはサンライズバッカス(5番人気)が入線。

ワンダースピードは、父キンググローリアス、母ワンダーヘリテージ(母の父Pleasant Tap)という血統。JRA重賞初制覇。通算成績30戦8勝(うち地方3戦1勝、重賞1勝)。
小牧太騎手は、桜花賞に続いて今年のJRA重賞3勝目、通算11勝目。羽月友彦調教師はJRA重賞初制覇となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/53