【映像】ディバインライト産駒、英クラシック制覇の偉業!

映像

現地時間5月4日、イギリス・ニューマーケットで行われた第195回目英1000ギニー(3歳牝、英G1・芝8f)はC.ルメール騎手騎乗のディヴァインライト産駒のナタゴラ Natagora(牝3、仏・P.バリー厩舎1番人気)が、好スタートから先頭に立ち快調に逃げ脚を伸ばし、スペイシャス Spaciousを半馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分38秒99(良)。
ナタゴラは、父ディヴァインライト、母Reinamixa(母の父Linamix)の仏国産馬。昨年度の欧州最優秀2歳牝馬で通算成績は9戦7勝(うち重賞4勝)。次走は愛1000ギニー(愛G1)に向かう予定をしている。
父ディヴァインライト(牡13)は、父サンデーサイレンス、母メルドスポート(母の父ノーザンテースト)。03年から社台スタリオンステーション荻伏で供用されていたが、04年からフランスに渡り、今年からはトルコのトルコナショナルスタッドで繋養されている。
フランス調教馬の英1000ギニー制覇は16年ぶりの快挙となる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/58