初の快挙!カジノドライブ米GⅡ圧勝!! ※映像

第55回ピーターパンステークス(Peter Pan Stakes/Dirt9F・GⅡ/米国)

映像

現地時間5月10日米・ベルモントパーク競馬場で行われたピーターパンステークス(3歳、米GⅡ・ダート9F、9頭立て)は、K.デザーモを鞍上に迎えたカジノドライヴ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎1番人気)が、中団からレースを進め、徐々に進出し4角で先頭に立つと後続を引き離して5.3/4馬身差の圧勝。2着には7番人気のミントレーン Mint Laneが入線。勝ちタイムは1分47秒87(良)。3着は3番人気レディーズエコー Ready's Echo。日本からの帯同馬スパークキャンドル(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は2番手追走も徐々に順位を下げ6着に敗れた。
勝ったカジノドライヴは父Mineshaft、母Better Than Honour(母の父Deputy Minister)の米国産馬。祖母がケンタッキーオークス馬Blush with Prideという血統で、半姉に昨年のベルモントSの覇者ラグストゥリッチズ Rags to Riches(牝4、父A.P.Indy)、半兄に06年ベルモントSを勝ったジャジル Jazil(牡5、父Seeking the Gold)がいる。
今年2月23日京都競馬場で行われた新馬戦(ダート1800m)を武豊騎手騎乗で、2着に2.3秒の大差を付け圧勝していた。通算成績2戦2勝(うち海外1戦1勝、重賞1勝)。
日本調教馬のアメリカダート重賞勝利は史上初。カジノドライヴは今後予定通り、現地時間6月7日に行われる米3冠の最終レース、ベルモントステークスで同レースの三兄姉制覇を目指す。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/62