サンライズマックスで、ライバルから重賞通算100勝達成!!

<エプソムカップ・GⅢ>

6月15日東京競馬場で行われたエプソムカップ(3歳上GIII・芝1800m)は横山典弘騎手騎乗のサンライズマックス(牡4栗東・増本豊厩舎4番人気)が、道中中団を進み直線で外から伸びて、4コーナーで先頭に立ったヒカルオオゾラ(1番人気)を差し切って優勝した。勝ちタイムは1分45秒9(良)。
サンライズマックスは父ステイゴールド、母グリーンヒルマック(母の父ダンシングブレーヴ)。伯父にミラクルオペラ(マーキュリーC-交流GIIIなど重賞2勝)がいる血統。
昨秋、中日新聞杯(GIII)以来の重賞制覇。通算成績12戦5勝(重賞2勝)。
鞍上の横山典弘騎手は今期JRA重賞6勝目、通算100勝。JRA重賞通算100勝は史上5人目で、現役では2人目となる。
増本豊調教師は今年のJRA重賞2勝目通算では14勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/81