人馬揃って初重賞制覇!トーホウシャイン大金星!!

<マーメイドステークス・GⅢ>

6月22日阪神競馬場で行われたマーメイドステークス(3歳上牝GIII・芝2000m)は高野容輔騎手騎乗のトーホウシャイン(牝5、栗東・崎山博樹厩舎12番人気)が大波乱を演出した。道中は後方を追走し3コーナーから内々をついて先団にとりつくと、直線でも内から力強く伸びて逃げ粘るピースオブラヴ(10番人気)を差し切って優勝。勝ちタイムは2分03秒5(重)。3着にはソリッドプラチナム(5番人気)が入り、3連単は193万350円の大波乱となった。
勝ったトーホウシャインは父スペシャルウィーク、母ホークズフォーチュン(母の父Silver Hawk)の血統。
今回が重賞初挑戦で初勝利となった。通算成績22戦3勝(重賞1勝)。
鞍上の高野容輔騎手は初めてのJRA重賞制覇で今期JRA初勝利。
管理する崎山博樹調教師は03年以来のJRA重賞制覇で通算では11勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/83