古豪の4連覇を阻んだのは4歳馬トーセンキャプテン!

<第44回函館記念・GⅢ>
7月27日函館競馬場で行われた回函館記念~サマー2000シリーズ第2戦~(3歳上GIII・芝2000m)は、藤岡佑介騎手騎乗のトーセンキャプテン(牡4、栗東・角居勝彦厩舎4番人気)が道中は中団後方の内目を追走。直線でも最内を突いて鋭く伸び、

ゴール前ではフィールドベアー(1番人気)との頭の上げ下げの競り合いを制してハナ差で優勝した。勝ちタイムは2分00秒3(良)。

トーセンキャプテンは父ジャングルポケット、母はサンデーピクニック(母の父サンデーサイレンス)の血統。昨年のアーリントンC(GIII)以来の勝利がこの重賞制覇となった。を制覇。通算成績8戦4勝(重賞2勝)。
鞍上の藤岡佑介騎手は今年のJRA重賞3勝目で通算では11勝目。管理する角居勝彦調教師は今年のJRA重賞3勝目で通算25勝目となった。
今年の函館記念で同一重賞4連覇を狙ったエリモハリヤーは直線大外から伸びたが、惜しくも届かず4着に終わった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/106