欧州王座にデュークオブマーマレード降臨!!

<キングジョージ6世&クイーンエリザベス ダイヤモンドステークス・GⅠ>
※映像
現地時間7月26日英国アスコット競馬場で行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(3歳上イギリス・GⅠ・芝12f)はJ.ムルタ騎手騎乗のデュークオブマーマレード Duke of Marmalade(アイルランド牡4・A.オブライエン厩舎1番人気)が好スタートから

道中中団の内々を追走。レース中盤からは外に出し最終コーナーでは外から一気に先頭に立った。が、同馬をマークしていたペイパルブル Papal Bullに直線半ばで交わされたものの、内から根性で差し返し、同馬に1/2馬身差をつけ競り勝った。勝ちタイムは2分27秒91(良)。離れた3着にユームザイン Youmzainが入った。

デュークオブマーマレードは父デインヒル、母Love Me True(母の父Kingmambo)の愛国産馬。昨年はヨーロッパのマイルGⅠ戦線で好走を見せるも勝ちきれないレースが続いていたが、今年初戦のガネー賞(仏GⅠ)で初のG1制覇を果たした後、タタソールズゴールドカップ(愛GⅠ)、プリンスオブウェールズS(英GⅠ)とGⅠ3連勝でここに臨んでいた。通算成績13戦5勝(重賞4勝)。
鞍上のムルタ騎手、管理するオブライエン調教師ともにこのレースは昨年のディラントーマスに続く連覇で通算で3勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/105