絶好調オトコ内田博騎手を背にレオマイスター快勝!!

<ラジオNIKKEI賞・GⅢ>
7月6日福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞(3歳GIII・芝1800m)は、内田博幸騎手騎乗のレオマイスター(牡3美浦・古賀慎明厩舎8番人気)が道中中団を追走。直線真ん中から差し込んで、先に抜け出したノットアローン(6番人気)を交わして優勝。勝ちタイムは1分46秒8(良)。

デビュー以来の3連勝を狙った1番人気のダイバーシティは3着に敗れた。
レオマイスターは父ニューイングランド、母ローズレッド(母の父ジャッジアンジェルーチ)の血統。
通算成績10戦3勝(重賞1勝)。
鞍上の内田博幸騎手は先週に続いてJRA重賞連覇で今年3勝目通算8勝目。
管理する古賀慎明調教師は07年クイーンS以来のJRA重賞通算2勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/90