夏は牝馬だ!真夏の新潟、桜咲さかせたカノヤザクラ!!

<第8回アイビスサマーダッシュ~サマースプリントシリーズ第2戦~>

7月20日新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュ(3歳上GIII・芝直線1000m・サマースプリントシリーズ第2戦)は、カノヤザクラ(牝4、栗東・橋口弘次郎厩舎2番人気)が、道中は外々の先団集団の中を追走。

ゴール前で一瞬窮屈になるかと思わせたが、うまく馬群を割って伸び、シンボリグラン(10番人気)を押さえて優勝した。勝ちタイムは54秒2(良)。3着にはアポロドルチェ(6番人気)が入線。
カノヤザクラは父サクラバクシンオー、母ウッドマンズシック(母の父Woodman)という血統。これまで2度の重賞2着(ファルコンS、セントウルS)があったが、重賞制覇は今回が初めて。通算成績15戦4勝(重賞1勝)。
鞍上の小牧太騎手は今年のJRA重賞4勝目で通算12勝目。管理する橋口弘次郎調教師は今年のJRA重賞3勝目で通算では68勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/100