【プロキオンS】ヴァンクル&赤木!得意のダートでW初重賞制覇!!

<プロキオンステークス・GⅢ>

7月13日阪神競馬場で行われたプロキオンステークス(3歳上GIII・ダート1400m)は赤木高太郎騎手騎乗のヴァンクルタテヤマ(牡6栗東・安田伊佐夫厩舎7番人気)が道中は好位を追走、直線では早めに抜け出し、ゴール前猛烈に追い込んだワイルドワンダー(1番人気)の抑えて優勝した。勝ちタイムは1分22秒0(良)。
ヴァンクルタテヤマは父フォーティナイナー、母フラワータテヤマ(母の父ブライアンズタイム)という血統。通算成績16戦6勝(重賞1勝)。
赤木高太郎騎手はJRA重賞初制覇。管理する安田伊佐夫調教師は、今年初のJRA重賞制覇で通算では25勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/96