世界ランキング発表!日本調教馬は2頭ランクイン

8月1日、JRAを通してIFHA(国際競馬統括機関連盟)から「トップ50ワールドリーディングホース」が発表された。今回の発表は2008年2月1日~7月30日までに施行された世界の主要レースを対象としており、英国のキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスなどが含まれている。

ランキングトップは、カーリン(130ポンド)で前回に引き続き首位。先日、キングジョージVI世&クイーンエリザベスステークスを制した今季GI4連勝中のデュークオブマーマレード(127ポンド)が第2位。
同レース2着のペイパルブル(126ポンド)は3位タイで、前回の44位タイから大きく順位を上げた。
また、パリ大賞を圧勝したモンマルトル、アメリカ2冠馬のビッグブラウン、英ダービー馬のニューアプローチが126ポンドで並んで3位タイ。
 
今回は、トップ50がレーティング119ポンド以上の馬となったため、日本調教馬の掲載は2頭。
日経賞勝ちのマツリダゴッホは121ポンドで20位タイ。安田記念優勝のウオッカが120ポンドで26位タイにランクインしている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/112