GⅠ馬を尻目に熟女ヤマニンメルベイユ逃げ切り勝ち!!

<第56回クイーンステークス・GⅢ>
8月17日札幌競馬場で行われたクイーンステークス(3歳上牝GIII・芝1800m)は、柴山雄一騎手騎乗のヤマニンメルベイユ(牝6美浦・栗田博憲厩舎2番人気)が、好スタートからハナに立って逃げた。

道中も絶妙のペースでレースを進めて見事に逃げ切った。1番人気の桜花賞馬レジネッタは直線外から追い込んだが、ゴール前では2馬身の差がついていた。勝ちタイムは1分48秒1(良)。3着にはフミノサチヒメ(12番人気)が入線。なお、白毛馬ユキチャン(4番人気)は9着に敗れている。

ヤマニンメルベイユは父メジロマックイーン、母ヤマニンアリーナ(母の父サンデーサイレンス)。
今年3月に中山牝馬S(GIII)で重賞初制覇。前走ヴィクトリアマイル(GI)では4着に好走していた。通算成績25戦7勝(重賞2勝)。
鞍上の柴山雄一騎手は今年のJRA重賞2勝目で通算7勝目。
管理する栗田博憲調教師も今年のJRA重賞2勝目で通算では20勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/119