またまた岩田だ!フェラーリピサJRA重賞初制覇!!

<第13回エルムステークス・GⅢ>
9月13日札幌競馬場で行われたエルムステークス(3歳上GIII・ダート1700m)は岩田康誠騎手騎乗のフェラーリピサ(牡4栗東・白井寿昭厩舎・3番人気)が、

道中好位を追走。直線で鋭く伸びて、同じく外から脚を伸ばしたトーセンブライト(7番人気)に1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分42秒9(良)。

フェラーリピサは父Touch Gold、母ドリータルボ(母の父Capote)の米国産馬。
地方交流重賞の兵庫チャンピオンシップ(GII)に続いて重賞2勝目。JRA重賞は今回が初勝利となった。通算成績18戦6勝(うち地方2戦1勝、重賞2勝)。

鞍上の岩田康誠騎手は今年のJRA重賞11勝目通算22勝目。
管理する白井寿昭調教師JRA重賞通算40勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/136