熟年健在!8歳牡馬タニノマティーニ重賞制覇!!

<第3回キーンランドカップ・GⅢ~サマースプリントシリーズ第4戦~>
8月31日札幌競馬場で行われたキーンランドC(3歳上GIII・芝1200m・16頭)は、秋山真一郎騎手騎乗のタニノマティーニ(牡8栗東・須貝彦三厩舎16番人気)が、

道中は好位の内々を追走、直線に向き逃げ粘るビービーガルダン(2番人気)をゴール前で3/4馬身差捕らえて優勝した。16頭中最低人気で、単勝配当は1万6140円の大穴となった。勝ちタイムは1分07秒9(良)のコースレコード。3着にはキンシャサノキセキ(1番人気)が入った。
タニノマティーニは父ウォーニング、母タニノメール(母の父リヴリア)の血統。
05ポートアイランドS(OP)、07UHB杯(OP)と2つのオープン特別勝ちがあるが、重賞はこれが初制覇。通算成績48戦9勝(重賞1勝)。
鞍上の秋山真一郎騎手はJRA重賞通算15勝目。
管理する須貝彦三調教師はJRA重賞通算18勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/128