大外一気!夏は牝馬の切れ味アルコセニョーラ快勝!!

<第44回新潟記念・GⅢ~サマー2000シリーズ最終戦~>
8月31日新潟競馬場で行われた新潟記念(3歳上GIII・芝2000m・18頭)は、武士沢友治騎手騎乗のアルコセニョーラ(牝4、美浦・畠山重則厩舎16番人気)が道中は後方を追走、最後の直線で外に持ち出して一気に伸び、

直線でジワジワ差を詰めたマイネルキッツ(2番人気)に2馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分57秒5(良)。3着にはトウショウシロッコ(14番人気)が入った。3連単は102万8690円の大穴となった。

アルコセニョーラは父ステイゴールド、母はサイレーン(母の父モガンボ)の血統。
07紫苑S(OP)、07福島記念(GIII)勝ちがあり、これで重賞は2勝目、通算成績24戦5勝。
鞍上の武士沢友治騎手はJRA重賞通算2勝目。
管理する畠山重則調教師はJRA重賞通算14勝目。新潟記念は3勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/129