春の実績馬を差し切ってダイワワイルドボア菊花賞へ!

<第62回セントライト記念・GⅡ>
9月21日中山競馬場で行われたセントライト記念(3歳・GII・芝2200m)は、北村宏司騎手騎乗ダイワワイルドボア(牡3・美浦・上原博之厩舎・9番人気)が縦長の展開の中団を追走、

3コーナー過ぎから進出し、直線でジワジワ伸び、マイネルチャールズ(2着)を差し切って優勝した。勝ちタイムは2分14秒6(稍重)。3着にはノットアローン。
ダイワワイルドボアは、父アグネスタキオン、母セニョラージェ(母の父Nureyev)の血統。通算成績11戦3勝(重賞1勝)。
鞍上の北村宏司騎手はJRA重賞通算12勝目。
管理する上原博之調教師は今年のJRA重賞制覇2勝目通算17勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/145