王者の貫禄!ディープスカイ秋も好発進!!

<第56回神戸新聞杯・GⅡ>
9月28日阪神競馬場で行われた神戸新聞杯(3歳牡牝・GII・芝2400m)は、四位洋文騎手騎乗のディープスカイ(牡3栗東・昆貢厩舎・1番人気)が、道中はいつもより早目の中団のインコースからレースを進め、

3コーナーから外に持ち出し、最後の直線では馬場中央から早めに抜け出し、内から追い込んだブラックシェル(3番人気)をクビ差抑えて優勝。勝ちタイムは2分25秒3(良)。3着には後方から追い込んだオウケンブルースリが入線。

ディープスカイは父アグネスタキオン、母アビ(母の父Chief's Crown)の血統。
これで、毎日杯(GIII)、NHKマイルC(GI)、日本ダービー(GI)に続いて重賞4連勝。マイルからクラシックディスタンスまでオールマイティーな強さを誇示している。これで通算成績12戦5勝(重賞4勝)。
鞍上の四位洋文騎手は今年のJRA重賞5勝目通算57勝目。
管理する昆貢調教師はJRA重賞通算6勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/148