デビュー184日目の栄冠!オウケンブルースリ堂々の菊制覇!!

<第69回菊花賞・GⅠ>
10月26日京都競馬場で行われた菊花賞(3歳牡牝・GI・芝3000m・18頭立)は内田博幸騎手騎乗のオウケンブルースリ(牡3・栗東・音無秀孝厩舎・1番人気)が、

道中は中団のやや後目を追走、向こう正面を過ぎて徐々に順位を上げて4コーナーで仕掛けると長い脚を使って直線外から伸び、しっかりゴールまで走り抜き堂々の勝利を飾った。2着には15番人気フローテーションが入った。勝ちタイムは3分05秒7(良)。3着にはナムラクレセントが入線。

 オウケンブルースリは父ジャングルポケット、母シルバージョイ(母の父Silver Deputy)の血統。2005年セレクトセール当歳市場で3000万円で落札されていた。
 同馬は今年の4月26日のデビューで、今回の勝利がデビュー後184日目。これは1990年菊花賞馬メジロマックイーンの275日を大幅に更新する菊花賞史上最短の記録。通算成績7戦4勝(重賞1勝)。

 鞍上の内田博幸騎手は菊花賞初勝利。GⅠ制覇は07年NHKマイルC(ピンクカメオ)、08年宝塚記念(エイシンデピュティ)に続く3勝目。JRA重賞は今年4勝で通算では9勝となった。管理する音無秀孝調教師も菊花賞初勝利。GⅠ制覇は06年高松宮記念(オレハマッテルゼ)、07年フェブラリーS(サンライズバッカス)、07年皐月賞(ヴィクトリー)に続く通算4勝目。JRA重賞は今年3勝で通算30勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/176