歴史的名牝誕生!ザルカヴァ圧勝!!サムソンは10着。

<第87回凱旋門賞・GⅠ>
現地時間10月5日、フランスのロンシャン競馬で行われた凱旋門賞(3歳上・GI・芝2400m・16頭立)はC.スミヨン騎手騎乗のZarkavaザルカヴァ(牝3・仏・デュプレ・1番人気)がスタートではやや後手を踏み、道中は後方を追走。

フォルスストレートあたりでは、日本期待のメイションサムソンの少し前で競馬をすすめていた。4コーナーでは各馬入り乱れごちゃつく展開となったが、馬群を縫うように真ん中から抜け出して堂々の勝利。27年ぶりの3歳牝馬の優勝を飾った。2着にはユームザインYoumzain、また3着はイッツジーノ It's Ginoとソルジャーオブフォーチュン Soldier of Fortuneが同着。勝ちタイムは2分28秒8(重)。なお日本期待のメイショウサムソンは道中では他馬に寄られる厳しい展開を強いられ、直線では粘り強い走りを見せた。結果は10着。
ザルカヴァは父Zamindar、母Zarkasha(母の父Kahyasi)のアイルランド産馬。名門アガ・カーン殿下のオーナーブリーディングホース。
本馬は、このレースでGⅠ5勝目で、フランスの至宝であったアレフランスの成しえなかった3歳での凱旋門賞勝利を果たし、フランス競馬史上に名を残す名牝の仲間入りを果たしたと言える。通算成績7戦7勝(重賞3勝)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/157