欧米のBIG2ビッグブラウン、ザルカヴァが揃って引退!

今年のアメリカ2冠馬ビッグブラウンと、先日の凱旋門賞を勝ったザルカヴァが揃って引退することが明らかになった。

ビッグブラウンBig Brown(父Boundary、母Mien母の父Nureyev)はブリーダーズカップに向け調整されていたが、調教中に故障を発症したため、引退することが発表された。
既に種牡馬シンジケートが組まれており、その額5000万ドルで来年度より・ケンタッキー州のスリーチムニーズファームで種牡馬入りする予定。
 また、7戦無敗で凱旋門賞を制したザルカヴァ Zarkava(父Zamindar、母Zarkasha母の父Kahyasi)も、引退が発表された。初年度の種付けは、同じくアガカーン殿下の持ち馬でA・デュプレ調教師の下で凱旋門賞を勝ったダラカニDalakhaniが予定されている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/166