嬉しい重賞初勝利!ブルーメンブラッド堂々の差切り勝ち!!

<第56回府中牝馬ステークス・GⅢ>
10月19日東京競馬場で行われた府中牝馬ステークス(3歳上牝・GIII・芝1800m・18頭立)は吉田豊騎手騎乗のブルーメンブラット(牝5・栗東・石坂正厩舎・4番人気)が、

やや出遅れ気味のスタートから道中では中団を追走。最後の直線では馬群を割って抜け出し、早目に先頭に立ったカワカミプリンセス(1番人気)を交わして優勝した。勝ちタイムは1分45秒5(良)。3着はベッラレイア。
 ブルーメンブラットは父アドマイヤベガ、母マイワイルドフラワー(母の父Topsider)の血統。
本馬は今回が嬉しい重賞初勝利。通算成績23戦7勝(重賞1勝)。
 鞍上の吉田豊騎手は今年のJRA重賞3勝目通算24勝目。
管理する石坂正調教師は今年のJRA重賞2勝目で通算18勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/170