サイレントプライド重賞連覇!淀のマイル王決定戦に名乗り!!

<第11回富士ステークス・GⅢ>
10月25日東京競馬場で行われた富士ステークス(3歳上・GIII・芝1600m)は横山典弘騎手騎乗のサイレントプライド(牡5・美浦・国枝栄厩舎・4番人気)が、スタートから先行集団を形成して、そのまま最終4コーナーへ。

直線で手綱を抑えたまま先頭に立ち、そのまま後続を抑えて優勝した。勝ちタイムは1分32秒7(良)。2着にはリザーブカード、さらに3着にはバトルバニヤンが入った。

サイレントプライドは父フレンチデピュティ、母サイレントプレアー(母の父サンデーサイレンス)の血統。
 08年ダービー卿CT(GIII)以来の約半年ぶりの重賞連覇で通算成績17戦8勝(重賞2勝)。
鞍上の横山典弘騎手は今年のJRA重賞9勝目、通算103勝目。管理する国枝栄調教師は今年のJRA重賞6勝目で、通算では19勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/175