無念・・・ブラックシェル屈腱炎で菊花賞断念

先日の神戸新聞杯(GII)にで2着になったブラックシェル(牡3・栗東・松田国英厩舎)は、右前浅屈腱炎を発症し、菊花賞を断念することになった。なお、今後9ヶ月以上の休養を要する見込み。

松田国英調教師のコメント
「今週、15-15の調教を行った後、右前肢に腫れが出たので、昨日、獣医師の診察を受けました。エコー検査の結果、以前傷めた修復過程にある部分を再び傷めたようです。全治まで9ヶ月以上かかるものと思われますが、復帰を見込めますので、明日、山元トレセンへ移動させて、水曜日にノーザンファームへ向かい休養させます」。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/160