実績馬を差し切ってトーホウアランが秋のGⅠ戦線へ名乗り!!

<第43回京都大賞典・GⅡ>
10月12日京都競馬場で行われた京都大賞典(3歳上・GII・芝2400m・10頭立)は、トーホウアラン(牡5・栗東・藤原英昭厩舎・4番人気)が、

道中中団の内目を追走。最後の直線でも内をついて鋭く伸び、外から追い上げたアドマイヤモナーク(6番人気)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分26秒9(良)。3着にはアイポッパー(7番人気)が入線。
 トーホウアランは父ダンスインザダーク、母ヒドゥンダンス(母の父Nureyev)の血統。
06年京都新聞杯(GII)、06年中日新聞杯(GIII)に続く重賞制覇。通算成績13戦5勝(重賞3勝)。
 鞍上の鮫島良太騎手は、今年のJRA重賞2勝目で通算3勝目。
管理する藤原英昭調教師は、今年のJRA重賞5勝目で通算17勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/163