嬉しいW初重賞制覇!スクリーンヒーロー&鹿戸雄一調教師!!

<第46回アルゼンチン共和国杯・GⅡ>
11月9日東京競馬場で行われたアルゼンチン共和国杯(3歳上・GII・芝2500m)は蛯名正義騎手騎乗のスクリーンヒーロー(牡4・美浦・鹿戸雄一厩舎・4番人気)が縦長の展開の中、

中団位置からレースを進め、直線に向いて馬場中央から脚を伸ばして快勝した。勝ちタイムは2分30秒8(良)。2着にはジャガーメイル、3着にはアルナスラインが入った。

スクリーンヒーローは父グラスワンダー、母ランニングヒロイン(母の父サンデーサイレンス)の血統。
重賞は初制覇で通算成績16戦4勝(重賞1勝)。
鞍上の蛯名正義騎手は今年のJRA重賞4勝目通算81勝目。管理する鹿戸雄一調教師は開業以来初のJRA重賞制覇となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/187