C.ルメールに導かれオークス一番人気馬復権!リトルアマポーラ!!

<第33回エリザベス女王杯・GⅠ>
11月16日京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(3歳上牝・GI・芝2200m)はC.ルメール騎手騎乗のリトルアマポーラ(牝3・栗東・長浜博之厩舎・4番人気)が、逃げ馬から離れた5、6番手の位置を追走。

いつもよりも早め早めの競馬で直線で抜け出して、追い上げてくるカワカミプリンセス、ベッラレイアを抑えて優勝した。勝ちタイムは2分12秒1(良)。1番人気のカワカミプリンセスも前々の競馬で2着、2番人気ベッラレイアも中団から追い込むも3着まで。3番人気ポルトフィーノはスタート直後に躓き、騎手が落馬して競走中止となった。

リトルアマポーラは父アグネスタキオン、母リトルハーモニー(母の父コマンダーインチーフ)の血統。
今春のクイーンC(GIII)以来の重賞制覇となった。通算成績8戦4勝(重賞2勝)。
鞍上のC.ルメール騎手のJRA・GⅠ勝利は05年有馬記念をハーツクライで勝って以来。通算では2勝目で、JRA重賞勝ちは通算6勝目となった。
管理する長浜博之調教師は今年のJRA・GⅠ2勝目で通算では6勝目。今年のJRA重賞勝ちは4勝目で通算では29勝目となった。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/193