同厩舎の圧倒的1番人気を下し、キングジョイ大外一気の快勝!

<第131回中山大障害・JGⅠ>
12月27日中山競馬場で行われた中山大障害(障害3歳上・JGI・芝4100m)は高田潤騎手騎乗のキングジョイ(牡6・栗東・増本豊厩舎・2番人気)が

道中は中団を追走。徐々に先団との差を詰め、最後の直線で大外から一気に追い込んで優勝した。勝ちタイムは4分45秒0(良)。2着にはメルシーエイタイム、3着にはテイエムトッパズレが入線。

キングジョイは父マーベラスサンデー、母プリンセスエイブル(母の父ジェイドロバリー)の血統。07年京都ジャンプS(JGIII)、08年京都ハイジャンプ(JGII)に続く重賞3勝目。JGⅠは初制覇。通算成績32戦4勝(うち障害14戦4勝、重賞3勝)。
 鞍上の高田潤騎手はJGⅠ初制覇。JRA重賞は今年2勝目で通算8勝目。管理する増本豊調教師はJGⅠ2勝目。JRA重賞は今年4勝目通算16勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/211