約3年ぶりの美酒!テイエムプリキュア圧巻の逃走劇!!

<第56回日経新春杯・GⅡ>
1月18日京都競馬場で行われた日経新春杯(4歳上・GII・芝2400m)は荻野琢真騎手騎乗のテイエムプリキュア(牝6・栗東・五十嵐忠男厩舎・11番人気)がスタートから先手をとって逃げ、

徐々に後続を離してそのまま逃げ切った。勝ちタイムは2分26秒6(良)。2着にはナムラマース、3着にはタガノエルシコが入った。

勝ったテイエムプリキュアは父パラダイスクリーク、母フェリアード(母の父ステートリードン)の血統。03年HBAオータムセール当歳にて250万円で落札されていた。05年阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)を制した最優秀2歳牝馬で、それ以来の勝利となった。通算成績28戦4勝(うち地方1戦0勝、重賞2勝)。
鞍上の荻野琢真騎手は初めてのJRA重賞制覇。管理する五十嵐忠男調教師はJRA重賞通算4勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/225