7歳にして本格化!ワンダースピード重賞連覇!!

<第16回平安ステークス・GⅢ>
1月25日京都競馬場で行われた平安ステークス(4歳上・GIII・ダート1800m)は小牧太騎手騎乗のワンダースピード(牡7・栗東・羽月友彦厩舎・3番人気)が道中は先団を追走。

最後の直線で逃げ粘るエスポワールシチーをゴール寸前で捕らえて優勝。勝ちタイムは1分50秒4(稍重)。3着にはマコトスパルビエロ。

ワンダースピードは父キンググローリアス、母ワンダーヘリテージ(母の父Pleasant Tap)の血統。08年アンタレスS(GIII)、08年名古屋グランプリ(交流GII)に続く重賞3勝目。通算成績36戦10勝(うち地方5戦2勝、重賞3勝)。
小牧太騎手はJRA重賞通算14勝目。管理する羽月友彦調教師はJRA重賞通算2勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/229