国内敵ナシ!カネヒキリGⅠ3連勝!!次は世界だ!!!

<第58回川崎記念・交流GⅠ>
1月28日川崎競馬場で行われた川崎記念(4歳上・交流GI・ダート2100m)はC.ルメール騎手騎乗カネヒキリ(牡7・栗東・角居勝彦厩舎・1番人気)が道中2番手を追走。

最後の直線では逃げたフリオーソとの一騎打ちを制して優勝。勝ちタイムは2分13秒3(稍重)。3着はサクセスブロッケン。

カネヒキリは父フジキセキ、母ライフアウトゼア(母の父Deputy Minister)の血統。05年ジャパンダートダービー(交流GⅠ)、同年ダービーグランプリ(交流GⅠ)、同年ジャパンCダート(GⅠ)、06年フェブラリーS(GⅠ)、08年ジャパンカップダート(GⅠ)、同年東京大賞典(交流GI)に続きこれで通算GⅠ7勝目となった。通算成績は18戦11勝(うち地方5戦4勝、重賞8勝)。本馬は02年セレクトセールにて2000万円で取引されている。
鞍上のルメール騎手は07年のヴァーミリアンに続くこのレース2勝目。管理する角居勝彦調教師は初勝利。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/230