天才に23年連続重賞勝利をプレゼント!チェレブリタ快勝!!

<第44回京都牝馬ステークス・GⅢ>
2月1日京都競馬場で行われた京都牝馬ステークス(4歳上牝・GIII・芝1600m)は武豊騎手騎乗のチェレブリタ(牝4・栗東・荒川義之厩舎・6番人気)が道中は後方を追走。

最後の直線で内から伸び差し切って優勝した。勝ちタイムは1分35秒1(稍重)。2着にはレインダンス、3着はザレマ。

チェレブリタは父ブラックホーク、母アカプルコ(母の父アンバーシャダイ)。前走愛知杯(GIII)で2着に好走し調子を上げてここに挑んでの快勝。通算成績15戦4勝(重賞1勝)。
鞍上の武豊騎手はJRA重賞通算255勝目(23年連続JRA重賞勝ち)。管理する荒川義之調教師はJRA重賞通算2勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/233