菊花賞馬名誉挽回!久々の勝利アサクサキングス

<第102回京都記念・GⅡ>
2月21日京都競馬場で行われた第102回京都記念(4歳上・GII・芝2200m)は四位洋文騎手騎乗のアサクサキングス(牡5・栗東・大久保龍志厩舎・3番人気)が

道中は先団好位置を追走。最後の直線でも渋太く踏ん張って優勝。勝ちタイムは2分14秒6(良)。2着には1番人気のサクラメガワンダー、3着にはヴィクトリー。

アサクサキングスは父ホワイトマズル、母クルーピアスター(母の父サンデーサイレンス)の血統。菊花賞以来1年4か月ぶりの勝利となった。通算成績17戦5勝(重賞3勝)。
鞍上の四位洋文騎手はJRA重賞通算59勝目。管理する大久保龍志調教師はJRA重賞通算5勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/239