新星サクセスブロッケンが古豪をまとめてナデ斬り!

<第26回フェブラリーステークス・GⅠ>
2月22日東京競馬場で行われたフェブラリーステークス(4歳上・GⅠ・ダート1600m)は内田博幸騎手騎乗のサクセスブロッケン(牡4・栗東・藤原英昭厩舎・6番人気)が道中は中団の前を追走し、

最後の直線で先に抜け出しにかかったカジノドライブとカネヒキリとの叩き合いを制して優勝。勝ちタイムは1分34秒6(稍重)。2着はカジノドライブ、3着にはカネヒキリ。

サクセスブロッケンは父シンボリクリスエス、母サクセスビューティ(母の父サンデーサイレンス)。08年ジャパンダートダービー(交流GⅠ)に続くGⅠ2勝目。通算成績11戦6勝(うち地方4戦1勝、重賞2勝)。
鞍上の内田博幸騎手はこのレース初制覇。JRA・GⅠ通算4勝目。JRA重賞は今年2勝目で通算11勝目。管理する藤原英昭調教師もこのレース初制覇で、JRA・GⅠ通算2勝目。JRA重賞は今年2勝目で通算では20勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/241