北海道~兵庫経由で重賞舞台へ!アーバニティ快勝!!

<第4回オーシャンステークス・GⅢ>
3月7日中山競馬場で行われたオーシャンステークス(4歳上・GⅢ・芝1200m)は横山典弘騎手騎乗のアーバニティ(牡5・美浦・古賀慎明厩舎・3番人気)が道中は中団を追走。

最後の直線で馬群を割って伸びて優勝。勝ちタイムは1分09秒2(稍重)。2着にはコスモベル、3着にはアポロドルチェが入線。

アーバニティは父マンハッタンカフェ、母レガシーオブストレングス(母の父Affirmed)の血統。半姉にスティンガー、サイレントハピネスがいる良血馬。
中央デビュー後、ホッカイドウ競馬に転出し、その後兵庫に移籍。兵庫で4連勝後、中央へ再入厩し前走の韓国馬事会杯を勝ち、今回連闘で初重賞戦だったが一気に突破した。通算成績16戦9勝(うち地方5戦4勝、重賞1勝)。
鞍上の横山典弘騎手はJRA重賞今年4勝目通算110勝目。管理する古賀慎明調教師はJRA重賞通算3勝目。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/245