9歳馬不治の病を克服!スプリングゲントが復活JGⅠ制覇!!

第11回中山グランドジャンプ<JGⅠ>
4月18日中山競馬場で行われた中山グランドジャンプ(障害4歳上・JGⅠ・芝4250m)は白浜雄造騎手騎乗のスプリングゲント(牡9・栗東・野村彰彦厩舎・2番人気)が

1番人気のキングジョイとのマッチレースをクビしのいで優勝した。勝ちタイムは4分49秒1(良)。3着には大差でオープンガーデンが入線。

勝ったスプリングゲントは父オペラハウス、母スプリングマドンナ(母の父ニッポーテイオー)の血統。06年京都ジャンプS(JGⅢ)、06年東京ハイジャンプ(JGⅡ)、06年京都ハイジャンプ(JGⅡ)に続く重賞4勝目。長期休養を挟んでGⅠ初制覇となった。通算成績44戦10勝(うち障害9戦7勝、重賞4勝)。
鞍上の白浜雄造騎手のJGⅠ勝利は05年中山大障害(テイエムドラゴン)以来の2勝目。JRA重賞通算16勝目。管理する野村彰彦調教師は今年のJRA重賞2勝目で通算25勝目。GⅠ勝利は97年桜花賞(GⅠ)をキョウエイマーチで制しており、JGⅠは初制覇となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/262