【今週の注目馬・勝負馬】皐月賞・GⅠ

今週は第69回皐月賞が中山競馬場で行われます。
無敗の皐月賞馬の栄誉を狙うロジユニヴァースの1番人気が予想される中、

多士済々の顔ぶれで、興味深い一戦になりそうです。

1番人気が予想されるロジユニヴァースは、ラジオNIKKEI賞と弥生賞で圧倒的な強さを見せました。
同じメンバーの中では頭ひとつ抜け出た存在と言えそうです。
そういった意味では、
弥生賞で2着のミッキーペトラと、ラジオNIKKEI賞2着のリーチザクラウンには負けないのではないかと考えます。
同じ弥生賞組でも力を出し切れなかったセイウンワンダーに食指がわきます。
前走弥生賞は、前々走朝日杯フーチリティSからプラス12kgの久々。
折れ合いも欠き、ちぐはぐな競馬となった前走は度外視していいのではないかと考えます。

一方、別路線で頭角を現してきたアンライバルド。
近親には活躍馬がズラリの良血馬。重賞戦線で活躍し続けてきたフィフスペトルを物差しで見ても、上位の評価を与えないわけにはいきません。
2歳チャンピオンの鞍上からココに乗り換えてきた岩田騎手の動きを見ても、陣営もかなりの自信の程が伺えます。

このように、ここまでの過程を見ると、
ロジユニヴァースとアンライバルドが少し抜け出た印象があります。
ですが、紛れの多い皐月賞。
容易くは収まりそうにありません。
何かが劇走したり、元々力はあって暖かくなるにつれ、調子を上げてくる素質馬の台頭ということも69回の歴史の中で幾度となく見られたことです。

さて・・・・・・それに匹敵する存在がこの中に居るのででしょうか?

当編集部では「素質馬」というKEYWORDから、
編集部推薦POG馬に挙げた馬をここに再度名を出して見たいと思います。

・セイウンワンダー
・メイショウドンタク
・アントニオバローズ
・シェーンヴァルト
・ナカヤマフェスタ

です。

セイウンワンダーとメイショウドンタクは前走大敗。
アントニオバローズとナカヤマフェスタは久々。
シェーンヴァルトはやや低迷。

この中で前走の敗因がはっきりしているセイウンワンダーは上がり目が見込めます。
あとは久々の2頭がレースをあけてどこまで成長をしているかに期待です。

上位の2頭(ロジユニヴァースとアンライバルド)にも弱点がないわけではありません。
持ち時計は心配の種であることは見逃せません。
その点、セイウンワンダー、ナカヤマフェスタ、アントニオバローズは過去の持ち時計に優秀なものがあります。
この点からも、一変は無きにしも有らずです。

GⅠレースはレースの流れも違います。
激しい流れになるわけですから、時計があるのとないのとでは安心感が違います。
時計のない馬には初めての経験を強いられることになるわけですから。

これらを総合的に判断して、

◎ナカヤマフェスタ
○セイウンワンダー
▲ロジユニヴァース
△シェーンヴァルト
☆アントニオバローズ
☆アンライバルド

という評価を与えたいと思います。

かなり思い切った予想になりますが、
上位と目される2頭のこれまでのレース内容が"楽"であることが、
これらの予想の大きな要因です。

ナカヤマフェスタとセイウンワンダーを軸に、
印の各馬に流す3連複で馬券を買いたいと思います!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/260