ウオッカ格の違いでGⅠ5勝目!堂々7馬身差の圧勝!!

第4回ヴィクトリアマイル<GⅠ>
5月17日東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(4歳上牝・GⅠ・芝1600m)は武豊騎手騎乗のウオッカ(牝5・栗東・角居勝彦厩舎・1番人気)が好スタートから好位置につけ、

最後の直線半ばで仕掛けられると鋭く抜け出し、後続に7馬身の差をつけて圧勝。勝ちタイムは1分32秒4(良)。2着にはブラボーデイジー、さらに3着にはショウナンラノビア入線。
ウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター(母の父ルション)の血統。06年阪神ジュベナイルフィリーズ、07年日本優駿、08年安田記念、天皇賞・秋に続くGⅠ5勝目。通算成績21戦8勝(うち海外3戦0勝、重賞6勝)。
鞍上の武豊騎手は同レース初制覇。JRA・GⅠ通算63勝目。今年のJRA重賞4勝目通算258勝目。22年連続GⅠ制覇となった。管理する角居勝彦調教師も同レース初制覇。JRA・GⅠ通算13勝目。JRA重賞通算28勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/274