牝馬2冠達成!ブエナビスタ次なる夢はフランス・パリか!!

第70回優駿牝馬(オークス)<GⅠ>
5月24日東京競馬場で行われた優駿牝馬・オークス(3歳牝・GI・芝2400m)は安藤勝己騎手騎乗のブエナビスタ(牝3・栗東・松田博資厩舎)がやや立ち遅れ気味のスタート

から後方2番手を追走。直線に向いて一瞬前がつまるシーンがありながらも、外から長く脚を使い先に抜け出したレッドディザイアをゴール直前でハナ差交わして優勝した。勝ちタイムは2分26秒1(良)。3着にはジェルミナルが入った。この結果、上位3頭は桜花賞と同じ着順となった。
ブエナビスタは父スペシャルウィーク、母はビワハイジ(母の父Caerleon)で、半兄に05年京成杯勝ちのアドマイヤジャパン、07年シンザン記念、07年弥生賞、08年京都記念勝ちのアドマイヤオーラがいる良血。08年阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)、09年チューリップ賞(GⅢ)、09年桜花賞(GⅠ)に続く重賞4勝目で、5連勝での牝馬2冠となった。通算成績6戦5勝(重賞4勝)。
鞍上の安藤勝己騎手はオークス初制覇。JRA・GⅠは今年2勝目で通算20勝目。JRA重賞は今年4勝目で通算66勝目となった。管理する松田博資調教師は88年コスモドリーム、93年ベガに続くオークス3勝目。JRA・GⅠは今年2勝目で通算では12勝目。JRA重賞は今年3勝目で通算48勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/276