牝馬史上最多のGⅠ6勝目!ウオッカ安田記念連覇!!

第59回安田記念<GⅠ>
6月7日東京競馬場で行われた安田記念(3歳上・GⅠ・芝1600m)は武豊騎手騎乗のウオッカ(牝5・栗東・角居勝彦厩舎・1番人気)が道中はいつもよりジックリ構える中団の内目を追走。

直線では追い出しを我慢しながらも窮屈なシーンがあったが馬群を縫って鋭く伸び、先に抜け出したディープスカイをゴール前で交わして優勝した。勝ちタイムは1分33秒5(良)。3着にはファリダットが入線。
勝ったウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター(母の父ルション)の血統。
06年阪神ジュベナイルフィリーズ、07日本ダービー、08年安田記念、08年天皇賞・秋、09年ヴィクトリアマイルに続くGⅠ6勝目となり、牝馬史上最多のGⅠ勝利数となった。通算成績22戦9勝(うち海外3戦0勝、重賞7勝)。
鞍上の武豊騎手は90年オグリキャップ、95年ハートレイクに続いてこのレース3勝目。JRA・GⅠは今年2勝目で通算64勝目。JRA重賞は今年5勝目で通算259勝目となった。管理する角居勝彦調教師は2年連続でこのレース2勝目。JRA・GⅠは今年2勝目で通算14勝目。JRA重賞は今年2勝目で通算では29勝目となった。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://snkeiba.jp/mt/mt-tb.cgi/281